2020年度 日本史B 本試験 解答番号13

令和2年度(2020年度)センター試験 日本史B 本試験 解答・解説
第3問A-1
解答番号13

正解:2
配点:3

解説:

Xは正しい。

Yは誤り。
強訴への対応は、清和源氏や桓武平氏の武家の棟梁が武士を率いて行なっていた。

2020年度 日本史B 本試験 解答番号14

令和2年度(2020年度)センター試験 日本史B 本試験 解答・解説
第3問A-2
解答番号14

正解:4
配点:3

解説:

選択肢a
逃亡した百姓を連れ戻すというようなことは書かれていないので、誤り。
注5の辺りを読めばわかる。

選択肢b
正しい。
注5の辺りを読めばわかる。

選択肢c
荘園領主ではなく地頭による使役が原因としているので、誤り。
二行目までを読めば地頭による使役が原因としていることがわかる。

選択肢d
正しい。
二行目までを読めばわかる。
阿氐河荘(あてがわのしょう)百姓等訴状が地頭の非道を訴えるものだという知識があれば解ける。

2020年度 日本史B 本試験 解答番号15

令和2年度(2020年度)センター試験 日本史B 本試験 解答・解説
第3問A-3
解答番号15

正解:2
配点:3

解説:

選択肢1
天竜寺は京都五山で、足利尊氏が京都に建立した。
よって、誤り。

選択肢2
正解。
室町時代に大内版として山口で出版された。

選択肢3
大原女の大原は京都の大原、桂女の桂は京都の桂川の桂のことで、奈良や堺(大阪府)のことではない。
よって、誤り。

選択肢4
一向宗は浄土真宗のことで、法華一揆は法華宗(日蓮宗)の信徒らが起こした。
よって、誤り。
収集した情報の Google による使用 – ポリシーと規約 – Google